良性発作性頭位めまい症(BPPV)とは

めまい

 

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、朝起きようとして頭を上げたり、何げなしに頭を動かした時に、急激なめまいが起こる病気で、吐き気を伴う場合もありますが、耳鳴りや難聴などの症状は起こらず、症状は長くても数十秒で治まるのが特徴となっています。

 

この良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、耳が原因で起こるめまいでも頻度の高いもので、急に上を向いたり、寝ていて急に上半身を起こした利したときに、激しいめまいが起こる病気です。

 

原因としては、内耳の前庭器官に異常が生じてしまったため、頭の位置の変化を過敏に感じてしまい、その結果起こると考えられています。

 

治療法としは、積極的にめまいが起こりやすい頭の位置をとるといった、リハビリテーション治療が行われる場合がありますが、一般的に症状はすぐに解消しますからそれほど心配する必要はありません。ただ、脳の病気で似たような症状がでる場合がありますから、気になる場合は、一度専門医の診断を受けた方がよいでしょう。

メニエール病の原因と治療法とは

メニエール病は、突然ぐるぐると回る激しいめまいが起こったり、ひどい耳鳴りや、頭痛、難聴、吐き気などの症状が現れるのが特徴で、初期の段階で治療を行えば完治する病気といわれています。

 

ただ、疲れているだけだからと思って見過ごしてしまうと、症状は進行してしまい、日常生活にも支障をきたしてしまう場合がありますから、早期に発見して早期治療を行うことが重要です。

 

メニエール病は、30〜50歳くらいの女性に多い病気で、特にストレスがたまったり、睡眠不足が続いて過労状態になっているとかかりやすいといわれています。
また、内耳の中にある内リンパ液が増えすぎてしまうことで、さまざま症状が引き起こされてしまうTまえ、音も聞こえづらくなってしまいます。
治療法としては、原因と考えられる内リンパ水腫を利尿剤を用いて治療を行い、内リンパ圧を下げたり、精神的・肉体的に余裕のある生活を心がけることが大切です。

突発的にめまいが起こる前庭神経炎とは

前庭神経炎は、片側の内耳の前庭器官が、急激に障害されておこるめまいで、数日から1週間程度激しい回転性のめまいが起こります。

 

吐き気や嘔吐、冷や汗などの症状も伴いますが、耳鳴りや難聴などの聴覚の症状を伴わないのが特徴です。

 

治療法としては、安静と薬による治療が一般的で、早期に治療を行うことで症状を軽くすることができます。

 

前庭神経炎の多くは、ウイルス感染や風邪などのあとに発症することが多く、ウイルス感染で血行障害によって障害されて発症すると考えられています。
ただ、明らかな原因は判明しておらず、副腎皮質ステロイド治療によって症状を抑えるのが一般的となっています。

 

症状を改善させるためには、薬物療法以外にも、規則正しい生活や、平衡訓練などもすすめられています。

 

重症になると、半年経ってもふらつきが持続する場合もありますから、少しでも異変を感じた場合には、できるだけ早く医療機関を受診して、早期に治療を行うことが大切です。

 

耳管狭窄症で起こる耳鳴りに蜂の子サプリは効くの?