脳が高い音をより聞き取ろうとする

めまい

 

耳鳴りは誰しもが経験する可能性のあるものであり、基本的に強く意識しなくても問題のないものですが、稀に病によって併発するパターンも存在します。

 

そもそも、音は耳が聴こえている音を電気信号に変換することで、神経を伝って脳が認識する仕組みになっています。この仕組みが不調になっていると音が聴こえにくくなり、脳は音に対して過敏になろうとします。

 

その結果、耳鳴りのような普段は聴こえない音が聴こえてします。

 

いわゆるキーンという金属音はほとんどの場合、自覚的耳鳴と呼ばれるものです。自覚的耳鳴とは当人にしか聴こえない症状であり、医師が聴診器などを使ってもその音を聞くことはできません。

 

そのため、原因を即座に突き止めることが難しくなっています。自覚的耳鳴を患った方が病院を訪れるとまず様々な音を聴いて、その中から耳鳴りとして聴こえている音に近いものを探すところから始めるケースが多いです。

キーンという音は自覚的耳鳴の可能性が高い

キーンという金属音のような耳鳴りが起こる原因としては突発性難聴、メニエール病、ストレス、加齢による難聴などの可能性があります。それぞれ対処法や深刻性が大きく異なるので、まずはどれかをしっかりと見極める必要があります。

 

突発性難聴の場合は、キーンという音だけでなく、耳が聴こえにくくなるのが特徴です。ただ聴こえにくくなるのは片方だけなので気づくのが遅れることもあります。違和感があった時は片耳を塞いで試してみるのもおすすめです。

 

突発性難聴は原因が解明されていない病です。

 

メニエール病は激しいめまいと共に耳鳴りが聞こえてきます。症状が持続するのではなく、発作的に発生するのが特徴です。内耳にある内リンパ液が過剰に溜まることで発生する病です。

 

症状が強く現れるので気づかないということは基本的にありませんが、単なる不調ではないかと勘違いする恐れもあります。このような症状を感じたらすぐに病院の診断を受ける必要があります。

ストレスなど病を理由としていないケースも多い

ストレスも耳鳴りを引き起こす原因の1つです。ストレスがかかっている時は脳が過敏になってしまったり、逆に鈍くなってしまったりすることがあります。

 

いくら耳が正常に働いていても、その情報を受け取る脳が不調ならば耳鳴りは起こり得ます。キーンとした音自体をさらにストレスとして感じることにより、ストレスが強くなってしまうケースもあります。

 

基本的にストレスが和らげば症状も治っていきますが、症状が重い場合は病院で治療を受けることも考えられます。年齢を重ねていくと内耳にある蝸牛という場所の機能が低下してきます。

 

すると高い音が聞き取りづらくなります。

 

それを感じ取った脳は出来るだけ高い音も聞き取ろうと敏感な状態になり、それが耳鳴りを引き起こしてしまうことがあります。ある程度は年齢を重ねることで起こる自然な現象なのであまり気にする必要はありませんが、日常生活に支障をきたすようなら診察を受ける必要が出てきます。