抗めまい薬・循環改善薬に期待出来る効果とは・・・

めまい

 

めまい全般の治療に用いられるのが抗めまい薬・循環改善薬です。

 

そもそもメニエール病などは、内耳にあるリンパ液が増えてできるむくみが、平衡感覚をつかさどる三半規管に影響を与え、目の前がぐるぐる回るなどの症状が出てきます。

 

さらに内耳には蝸牛という器官がありますが、内耳にむくみが生じる事で、難聴や耳鳴りなどの症状も出てきます。

 

この内耳のむくみは、血管拡張作用などにより内耳の血管の血流を増加させる事で改善が期待出来ます。

 

抗めまい薬・循環改善薬は内耳の血流改善作用などにより、内耳障害に基づくめまいの症状や耳の聞こえづらさなどを改善させていく効果があります。
また脳循環の悪化によっても起こるめまいに対しても、脳内の血流を良くする事で脳循環を改善して症状を抑えます。

 

特に重い副作用は報告されていませんが、吐き気や嘔吐などの消化器症状、また頻度は稀であるものの、発疹などの副作用が出てくる事もあります。

吐き気止めに期待出来る効果とは・・・

めまいを起こすと強い吐き気や嘔吐の症状が出てくる事があります。

 

体を動かすと症状はどんどん強くなってしまい、これは何とも言いようのない不快な苦痛となります。

 

吐き気が起こるのは、内耳にある三半規管やその近くにある耳石器が関係してきます。これらの体の平衡感覚を感知する機能が乱れる事で、吐き気が起こってしまいます。

 

そこで処方される吐き気止めには、神経伝達物質の働きを抑えることで吐き気を抑えたり、胃腸の働きを活発にして食べ物を腸に送り出すのを助けたりする効果が期待出来ます。

 

適応する病気には、メニエール病や前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症などが挙げられます。

 

吐き気を止めようと服用しようと思っても、吐き気が強い時は薬さえ吐き出してしまい、飲むのが難しい事もありますが、もし内服が難しい時は、注射や点滴が用いられる事もあります。

 

また副作用として、下痢や眠気などが報告されています。

抗不安薬に期待出来る効果とは・・・

突然めまいを発症すると、誰もが不安な気持ちになるものです。

 

原因がよくわからないだけに、いつになったらこの気持ち悪い症状が治まるのだろうと心配になり、その不安感がさらに症状を悪化させてしまう事にもなります。
そこで処方されるのが抗不安薬です。

 

一般的に安定剤や精神安定剤とも呼ばれており、前庭代償の初期過程を促進させる事で、心身に現れた様々な症状に対しての不安や緊張感を和らげていきます。

 

まためまいは、ストレスや神経過敏と関係しており、心の不調で起こる代表的な症状の1つでもありますが、抗不安薬を服用する事により、抱えている不安や悩みをほぐすことで体の症状を軽減させる効果もあります。

 

適応する病気としては、心因性めまいやメニエール病などがあり、医師の指示通りに服用すれば副作用も依存性の心配も無いと言われています。ただ中には眠気や頭痛、頭重、ふらつきなどの副作用が出るケースもあります。